トップページ > 英語を話せるようになる

英語を話す

〜 すでに溜めた知識を引き出す練習 〜

引き出しを開けましょう【カランメソッド / QQイングリッシュ】

『英語を話せる』 ってどんな姿を思い描いてますか?

私は 『母国語の様に特に考える感じも無くスラスラ外国人と話している姿』 というベタな姿をイメージしてました(笑)

現在の私ですが、自分ではまだまだ勉強が必要だと思っていますが、人からは英語がスラスラ話せていいですねと言われるので、それなりには話しているんだと思います。

じゃあ、昔から英語が得意だったかと言うと答えは 『ノー』 で、理系を専攻してましたので正直英語からは逃げてました。。。
入社した時のTOEICは186点で、まさか自分が海外駐在するとはとは夢にも思ってませんでした。

必要に迫られて覚え始めた英語ですが、英会話教室に通っても一向に成果が出ずもうこの仕事は無理かと諦めかけていましたが、劇的な変化をもたらしてくれたのが 【オンライン英会話】 でした。

教室形式の英会話だと複数人で進めるので二時間いてもほとんど話せませんし、講師が日本語を話せたりするのでついつい甘えて日本語を使ってしまったりします。
その点オンライン英会話なら一対一なので、いやでも何か英語を話さなくてはいけなくてどんどん 【自分の中の引き出し】 を開けることになります。

私はこの 【自分の中の引き出し】 を開けることが重要だと思っていて、この作業をいかに多く繰り返したかで自然と口から英語が出てくる状況が作られてくると確信しています。

学生の頃に英語から逃げていた私でも意外と自分の中に引き出しがありましたので、私よりも真面目に学習してきたあなたなら確実に英語を自分のものに出来るはずです。

オンライン英会話もピンキリありますが、最近私が後輩に勧めているのは 【カランメソッド】 です。

 4倍速のカランメソッドQQイングリッシュ

カランメソッドとは、イギリスで生まれた 【英語圏以外で育った人向けの学習法】 で、通常の4倍の速さで英語を習得できる学習法と言われています。

私も海外駐在する前に受講しましたが、これを実践していて良かったと心の底から思いました。

学習内容は非常に単純でスカイプを使って講師と会話をするだけですが、講師から次々に飛んでくる質問に瞬時に回答していきます。

もちろん最初は何を聞かれたかすら分かりませんでしたが、この学習法の良い所は間違えることを前提としているので、間違えても気にせず次に進めること。

そして、日本語で考える時間を与えられないので、これを続けることで自然と英語を英語で理解する英語脳が形成されていきます。

普段英語に接してない方は 『間違ったらどうしよう』 とか考えてしまうかもしれませんが、相手はプロなので自然にこちらの英語を引き出してくれます。まずは無料体験で自分の引き出しが開いていく感じを体験してください。

あなたの近い将来の成功を信じています!

ページトップへ戻る
Copyright(C) 実践! 英語ビジネスメール例文 All Rights Reserved.